更年期障害は、いつまで続くの?

こんにちは。メノラビです。
本日は、更年期障害はいつまで続くのか?というブログです。

症状をリサーチすると「私の不調はいつまで続くのかな?…」「更年期の症状 いつまで」というように調べている方が多くいて、非常に関心が高いことがわかりました。

更年期の症状は、カラダ中のさまざまな機能を正常に動かしていた女性ホルモンが減少することにより、いろいろな不調があらわれます。

代表的な症状は

のぼせ

ほてり(ホットフラッシュ

発汗

日本人に多いのが

肩こり

睡眠の障害

・食欲不振・関節痛・吐き気・抜け毛・うつのような症状に悩んでいる方もいるようです。

一般的に45~55歳の間が更年期と呼ばれ、人それぞれですが50代後半で症状が落ち着く傾向にあるようです。

もしかしたら、読者のなかには「わたしの症状はおさまらないの、、、」という方もいらっしゃるかもしれません。

ご安心ください!メノラビは、更年期の専門家に取材に行ってまいりました!

更年期障害には「必ず終わりがくる」と教えてくれたのは、イキイキ更年期のコーナーで取材に答えてくれた医師の善方先生。

今まで疑問に思っていたこと、悩んでいた『更年期』のことが、色々スッキリする記事が満載のコーナーです。よろしければ一度読んでみてね!

更年期にあらわれるさまざまな不調。間違えやすい病気は? 誰にでもあらわれる? いつまで続くの? |基礎知識②

更新記事